アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日本のロック」のブログ記事

みんなの「日本のロック」ブログ

タイトル 日 時
夢幻の楽師達 −Chapter 50−
夢幻の楽師達 −Chapter 50−  2017年新たな年を迎えた『幻想神秘音楽館』、本年も変わらぬ御愛顧を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。  遡る事2007年に月イチ更新のブログスタイルで開設した『幻想神秘音楽館』も今年で数えて何と!満10周年を迎える事となりました…。  これも単に陰ながら支援を頂いている皆様からのお力あってこそと痛感してなりません。  まだまだ力不足で拙い文章ではありますが、日々の精進を積み重ねて研鑽に務め邁進していきたい所存ですので、何卒今後とも時に厳しく時に温かく御指導、御教授、御鞭撻賜りたくお... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/28 22:02
夢幻の楽師達 −Chapter 45−
夢幻の楽師達 −Chapter 45−  厳しく凍てつく様な冬が漸く終わりを告げ、桜前線の到来で春爛漫で麗らかな日差しが感じられる様になった昨今、如何お過ごしでしょうか…。  今回の「夢幻の楽師達」はそんな春の訪れとは真逆なイメージを湛え、日本古来に根付くであろう忌まわしい因習、或いは伝統美の裏に潜む妖しげな闇の深淵、真紅の迷宮に木霊する旋律(戦慄)を謳い奏でる、かのクリムゾン王の血筋と孤高の精神を異国の地で継承した、紛れも無い真紅の子供達でもある“美狂乱”に、今再び光明を当ててみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 21:26
一生逸品 MOONDANCER
一生逸品 MOONDANCER  桜散る春から風薫る五月晴れの初夏が到来し、GW直前のさ中皆様如何お過ごしでしょうか…。  爽やかな初夏の訪れという時節柄に相応しい今回の「一生逸品」は日本のプログレッシヴ史に於いて同時期の新月と共に70年代終わりから80年代への橋渡し役を担ったと言っても過言では無い、かのノヴェラ以前より欧州浪漫を謳い、大人の為の童話にも似た夢見心地なリリシズムとファンタジーを紡ぎ続け、21世紀に復活を遂げた今もなお聴衆の心を掴み魅了する夢織人“ムーンダンサー”に今再び焦点を当ててみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/27 16:49
夢幻の楽師達 −Chapter 36−
夢幻の楽師達 −Chapter 36−  初秋の雰囲気と香りが日に々々色濃くなりつつある昨今皆様如何お過ごしでしょうか…。  プログレの秋到来に相応しく今月の「夢幻の楽師達」は、今年2014年めでたくバンド結成40周年を迎え、7月に待望の新作をリリースし現在もなお孤高なまでの飽くなき創作精神とプログレッシヴに対するストイックなまでの真摯な姿勢で音楽世界を構築し、その健在ぶりを大きく示している日本プログレッシヴの栄光と誉れと言っても過言では無い“ケンソー”の長きに亘る創作の歩みを振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/27 17:13
一生逸品 BLACK PAGE
一生逸品 BLACK PAGE  今月の「一生逸品」は特別企画として、6月に逝去された関西プログレッシヴの重鎮にして日本のロック・ミュージック界のキーボーダーの第一人者でもあった小川文明氏への哀悼の意を捧げると共に、1985年彗星の如き衝撃的デヴューから僅か一年足らずでキング/ネクサスより唯一作でもあるアルバムを鳴り物入りでリリースし、当時吹き荒れていたジャパニーズ・プログレブームに於いて一躍時代の寵児になったと言っても過言では無い、70年代のスペース・サーカスと並ぶ日本のテクニカル・プログレッシヴのマストアイテムとして数えら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/28 14:21
夢幻の楽師達 −Chapter 25−
夢幻の楽師達 −Chapter 25−  7月も終盤に差し掛かり連日の炎天下と猛暑続きの夏真っ只中、皆様如何お過ごしでしょうか?  今月の「夢幻の楽師達」は、実に何とも意外に思われるかもしれませんが、日本のロック史に於いて独自の作風と路線をひた走り、ほんの僅かな活動年数と少ない作品リリース数であったにも拘らず、大きな足跡を残しまさしく伝説的な名バンドとして、今でも尚プログレッシヴ系を含め多くの洋楽・邦楽のロックファンから絶大な賞賛と支持を得ている、文字通り孤高の存在として名高い“あんぜんバンド”に、今再び焦点を当ててみたいと思います... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/29 17:26
夢幻の楽師達 −Chapter 20−
夢幻の楽師達 −Chapter 20−  「夢幻の楽師達」も今回で数えて20回目を迎える事となり、これも単に御支援して下さる皆様のお陰であると感謝の念に堪えません。  東日本大震災の影響と余波で一時ブログを休止自粛していたものの…これからも『幻想神秘音楽館』という名の一枚看板を背負って、プログレの王道とブログの名に恥じないよう一生懸命精進し待っている人がいる限り、頑張って綴り続けて行きたい所存です。  狂おしかった猛酷暑の夏から台風一過と共に涼やかな秋へと装いが変わり、プログレッシヴ・ロックを聴きつつ夢と浪漫に思いを馳せるには絶好... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/27 16:20
Monthly Prog Notes
Monthly Prog Notes  早いもので2月も今日で最後。2010年も、もう2ヶ月が経とうとしています…。  バンクーバー冬季五輪で湧いた興奮と感動が冷めやらぬ劇的なこの一ヶ月。日本勢も一部の不埒な輩を除いて銀3個と銅2個のメダルを獲得し大健闘でしたが、今回の「Monthly Prog Notes」でも、久々に日本のプログレッシヴの新進気鋭が大躍進し、先月のNHK『パフォー』での“ジャパニーズ・プログレッシヴコンテスト”という追い風を受けて、今後の更なる期待を予感させる素晴らしい逸材のミニアルバム2作品が到着しました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/28 18:32
一生逸品 新月
一生逸品 新月  2010年、今年最初の「一生逸品」である。昨年は何かと忙しさにかまけて、mixi時代のコミュニティから移植して再掲・再編集という…ややもすれば安易な逃げというか楽な方向に近い形でお茶を濁してしまったみたいで、多方面からお叱りやらひんしゅくをも買った事…慎んで深く猛反省すると共に、気持ちを新たに姿勢を悔い改めて滅多な事情が無い限りmixiからの移植・再掲を極力減らし(苦笑)、今後は尚一層奮起して新しい書き下ろし中心で臨んで行きたい所存である。  今年の「一生逸品」第一弾は喜ばしい事に久々の書き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/26 17:32
夢幻の楽師達 −Chapter 11−
夢幻の楽師達 −Chapter 11−  2009年…今年最後の「夢幻の楽師達」をお届けします。奇数月の連載11回目にして今年最後位は新たな書き下ろしで行きたかったのですが、先回のスランプの峠こそ乗り越えたものの、今度は公私共に年末に向けての慌しさと忙しさが波状に度重なり、新たな書き下ろしの準備こそしていたものの、なかなか執筆の段階までとなると、題材のアーティストを聴きつつ頭を全くの空白状態にしてゼロから書き起こすものですから、あれよあれよという間に時間だけが過ぎ去って、気がついた時にはもう月末近くだったりする訳ですから、内心は“嗚呼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/27 16:40

トップへ | みんなの「日本のロック」ブログ

幻想神秘音楽館 日本のロックのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる